SMRIについて

山脇 岳志
山脇 岳志
Takeshi YAMAWAKI
スマートニュース メディア研究所 所長/ Director

兵庫県出身。京都大学法学部卒。
1986年、朝日新聞社に入社。地方支局で、事件や地方行政などを担当後、東京本社経済部や企画報道室で、金融や情報通信分野の当局・業界を担当、調査報道にも従事。
1995年〜96年まで、英オックスフォード大学客員研究員(Reuter Fellow)。
2000年〜03年まで、ワシントン特派員。帰国後、論説委員、経済部次長。その後、グローバルで多様な視点を重視する別刷り「GLOBE」の創刊に携わり、編集長を務めた。
ベルリン自由大学上席研究員を経て、2013年〜17年までアメリカ総局長。2016年、トランプ氏が当選した大統領選をカバーした。編集委員として定期コラムを担当した後、退職。
2020年4月、スマートニュース メディア研究所の研究主幹に就任。2022年4月より現職。
京都大学経営管理大学院特命教授、帝京大学経済学部客員教授を兼務。

関心領域

メディア・世論研究、メディアリテラシー教育、アメリカ政治、金融・マクロ経済政策

所属学会

日本メディア学会、アメリカ学会

研究・教育歴

  • 2022年4月〜 帝京大学経済学部客員教授
  • 2021年4月〜 京都大学経営管理大学院特命教授
  • 2018〜20年度 京都大学総合生存大学院特任教授
  • 2017〜20年度 東京大学公共政策大学院非常勤講師
  • 2012年    ベルリン自由大学上席研究員(Senior Research Fellow)
  • 2010〜12年度 上智大学文学部新聞学科非常勤講師
  • 2004〜05年度 学習院大学法学部非常勤講師
  • 1995〜96年  オックスフォード大学客員研究員(Reuter Fellow)

単著

  • 『郵政攻防』(朝日新聞社、2005年)
  • 『日本銀行の深層』(講談社文庫、2002年)
  • 『日本銀行の真実 さまよえる通貨の番人』(ダイヤモンド社、1998年)
  • “The Forbearance Policy: What Went Wrong with Japanese Financial Regulation”, Loughborough University Banking Centre Research Paper, 1996

編著

共著

執筆コラム・論考(2018年〜 抜粋)

メッセージ

2016年の米国大統領選は、現地で取材した私にとって衝撃でした。フェイクニュースの拡散、ニュース操作、政治的分断の深刻化…。ネット時代の民主主義や教育にも関心を持つようになりました。日本でも分断が次第に広がりつつあるように感じています。インターネット時代における民主主義を考察する研究プロジェクトや、メディアリテラシー教育にも携わっています。