学校現場とメディアを繋ぐ体験型イベント 第2回「『フェイク』時代を生き抜くために ――メディアが行う授業とは?」を開催します

2024.06.07
img

昨年末、好評を得たイベントの「第2回」です。現地とオンラインのハイブリッド開催です。

今、メディア各社が、独自の教材や出前授業を開発し、リテラシー教育への貢献を進めています。また、ニュースパーク(日本新聞博物館)でも、デジタル時代のリテラシーについて学ぶ仕掛けがたくさん作られています。
イベントでは、各社のリテラシー教育の担当者とニュースパークが連携し、学校の先生に役立つような「出前授業の事例」や「伝え方のヒント」をお伝えします。あわせて、会場参加者には博物館の館内見学ツアーも実施し、「情報の森」で必要な心構えのポイントなどを紹介します(イベント参加者は入館料も無料となります)。

前回とは内容を変更していますので、2回目の参加も大歓迎です。どのようにリテラシーを伝えるか悩まれている先生や学校司書の方々など、気軽に参加をお待ちしています!

【日時】7/27(土) 13:00~16:00 ※オンラインの参加者は13:30~

【会場】ニュースパーク(日本新聞博物館)
横浜市中区日本大通11 横浜情報文化センター(受付2階)イベントルーム
※みなとみらい線・日本大通り駅直結です

【対象】学校関係者(教員・学校司書・研究者など)・メディア関係者 【定員】会場60人/オンライン100人(先着順)

【内容】※前回と内容を変更した部分です
〇出前授業や教材の実演を通じたメディア・リテラシーの「伝え方のヒント」※
・「あやしい情報に出会ったら どうしたらいい? ~テレビ報道記者の仕事をヒントに考えてみよう~」(取材ゲームを通して情報リテラシーを学ぶ教材/日本テレビ)
・「アルゴリズムを体験するゲーム型教材」(スマートニュース)
〇アメリカ「News Literacy Project」について(読売新聞社)※
〇ニュースパークの教育事業紹介と見学ツアー
(会場参加者のみですが、オンラインでも概要説明します)
〇グループワークおよび意見交換

【申し込み・問い合わせ】 https://forms.gle/5rFXRwchGEBE6MCd7 ※締め切りは7/26(金)です

【主催】ニュースリテラシー研究会(新聞社・放送局・出版社・オンラインメディアなどで、リテラシー教育に取り組む担当者による勉強会です)